不動産会社を変える場合の注意点 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 不動産会社を変える場合の注意点

[an error occurred while processing this directive]

不動産会社を変える場合の注意点

【相談内容】

現在ある不動産屋さんに売却を専任媒介契約で依頼しています。希望としてはあと一月ほどで売ってしまいたいと思います。売り出しているマンションには内覧は多いのですが話が進みません。時間もあまりないので不動産屋さんを変えようと思いますが、その際に注意点はありますか?

【田中の回答】

まず第一段階として「専任」をやめて「一般媒介」にする方法があります。もし不動産屋さんが拒んだとしても、売主の立場としては「売れる」ことが第一前提です。不動産屋さんに気遣うことも大切ですが、そこはビジネス。割り切って考えることが大事です。

しかしその際「もう、今日で辞めまわす」と今依頼している不動産屋さんに言うと、よくないです。
できれば
 

 「ここ●ヶ月様子を見てきましたが、厳しそうですね。私も売り急いでいるのはご存知のことと思います。よって近々結果がでないようであれば今までお世話になっていますので心苦しいのですが不動産屋さんを変えるか、一般媒介にしようと思います。

とりあえずあと●週間(2週間程度が妥当でしょう)様子を見て、売れないようであれば専任の契約を一旦やめたいと思います」


とこんな感じで持ちかけてください。
この時の反応で不動産屋さんの「一生懸命やる!」という気持ちも見えるものです。


今まで何にもしてくれなかった不動産屋さんであれば「辞めますわ」でいいですが、ちゃんとお世話をしてくれていたけど売れない場合もあります。


不動産屋さんを変えるときは、円満に変えることを心がけてくださいね。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]