マンション売却時の残債は? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > マンション売却時の残債は?

[an error occurred while processing this directive]

マンション売却時の残債は?


マンションを売る場合に、確実にしなければいけないこと。
それが住宅ローンの完済です。

ではローンの残債(残り)を売る前に返さなければいけないのか?
例えばローンがあと1200万円残っている。
ということは、売る前に1200万円を銀行に返して残債を消さないと売れない!!
と、いうことではありません。

法的にはローンの残っている物件を売っても問題はないです。
しかし、実際にはローンを抹消、すなわち完済しないと買主に引渡しできな契約がほとんどです。

では、これが実際にはどういう風にやるかというと。
「買主から残代金を受け取り、口座に入金と同時にローンの残代金が引かれる。」
ということになっています。

よって、売買代金の入金後引き落としなのでローンの残債を最初から用意しておく必要はないのです。

しかし、1つ気をつけておくべきことがあります。
それは、売買代金以上にローンの残債がある場合です。

売買代金が1200万円。
でもローンの残債が1500万円。
300万円足りません。

「銀行さん、足らない分はあとで払うわ!」
とはぜぇーーーーーーったいできません。

ですから、このように残債に足りない場合は、前もって不足分を口座に入金しておく必要があるのです。

と、言うことは。

もし、売ろうとしているマンションのローン残債と、市場価格を比較する。
結果、市場価格のほうが低い。
その差額+諸費用分のお金を用意できない。


そうなれば、もう最初から原則「売ることが出来ない」という判断になります。
もちろん、例外の場合もあるのですが。。。

まず、マンションを売ろうと思ったらローンの残債を確認する。
これが第一歩です。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]