離婚とマンション売却 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 離婚とマンション売却

[an error occurred while processing this directive]

離婚とマンション売却

離婚してマンションを売る場合は、どうすればいいのか?
まず、売却方法そのものについては普通に売る場合と同じです。

しかし、離婚している場合に気をつけるべきは持分と残債です。

例えばご主人様と奥様が共働き。
共有名義でマンションを買った。
持分は半分ずつ。

新築で3000万円で買ったマンション。
いざ離婚したので整理しようと売ることになってみれば2500万円

ローンは2800万円残っている。
これで売るとすれば不足分として300万円別途用意が必要。。。。

「そんなお金はない。。。。」
もし、このようなことになると「売って整理ができない」となるのです。

じゃあどうするか?

もう、賃貸にしてしまうという選択肢しかありません。

ただ、当然賃貸になれば入ってきた賃料は折半し振込みを行います。
またリフォームや美装工事の際はお互いに確認しないといけません。

離婚した夫婦が一緒になって大家業・・・。
なんだか変な感じですが、それが1つの現実です。

離婚してマンションを売る場合は、このような問題が発生することが多いです。
極論を言えば「離婚しなきゃいい」のですが、なかなかそうも行かない。
だったら、まずは離婚の前に「資産の整理」をするべきでしょう。

残念ながら、話し合いの前に離婚をしてしまう夫婦もいます。
どちらの場合においても、次のような流れで考えましょう。
また、離婚した場合は賃貸ではなく原則売却のほうがいいと思います。

マンションを第三者に売る場合

1、ローンの残りと名義持分の確認
2、売れるであろう価格の下限値や諸費用を査定の時に教えてもらう。
3、下限値で売っても持ち出しが無い場合は、話を進める。
4、下限値であれば、持ち出しがある場合その費用が捻出可能か確認
5、捻出できなければ賃貸にする。

どちらか一方が住む場合

この場合は、財産分けの問題が大きく関係してきますので、司法書士や弁護士、最近では行政書士に相談することも可能です。

離婚してマンションを売る場合、昔であれば「売って清算」ができました。
しかし、いまの時代では「売ったら清算できない可能性」が高いです。

特に新築で買ったマンションを、離婚して売る場合は注意してください。

関連コラム

離婚してマンションを売る場合の注意点


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]