マンション売却のときの残債は? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > マンション売却のときの残債は?

[an error occurred while processing this directive]

マンション売却のときの残債は?

マンションを売る場合に、住宅ローンの残り、すなわち「残債」はどうすればいいのでしょう?

原理原則として、買主さんへの引渡し前にローンを返す必要があるのですが、実務の中での話をすると、売主買主が契約をして最終の金銭のやり取りの際に

1、買主から売主の口座に代金が振り込まれる。
2、その口座からローンの残債が引かれる。

こういう流れになります。

売却前に返済する必要はない。

返済すべき金額を最初から口座に入れておく必要はありません。
また、売る前に先に返済しておく必要もありません。

よく、「売る前に先に全部お金を用意して返済しないと売れない!」と勘違いをされる方がいますが、このように「売れたお金で返せるのであれば、お金を別に用意する必要は無い。」と言えます。

ただ、このとき注意すべきことがあります。
それは、「売れたお金でローンの残債が返せない場合」です。

例えば残債が1,000万円あったマンションが1,300万円で売れた。
その場合は、口座に1,300万円が入金されますので、そこから1,000万円が引き落とされても問題ないでしょう。

しかし、もし残債が1,500万円だったらどうでしょう?
1,300万円で売れても200万円が不足します。
この場合は、買主からの入金前に不足分を先に口座に入れておかなくてはなりません。
もちろん、その金額は自己負担です。

逆に言えば、この200万円が用意できないのであれば・・・・・。
「このマンションは、そもそも売ることが出来ない。」となるのです。

まず、この資金計画がマンションを売れるか売れないのか第一歩です。
この部分の見極めをしてから、不動産屋さんを選んだりという作業になります。

多くの売主さんは、自分が売ろうとしているマンションのだいたいの相場はご存知です。
その相場よりも、残債が大きい場合は、用意できる自己資金との見合いをまずしましょう。

不動産屋さんに相談するのは、そのあとです。

関連コラム

住宅ローンを全額返さないと売れないの!?


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]