ある不動産業者の話 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > ある不動産業者の話

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

ある不動産業者の話

プロも手を出しにくい市場

前回、「売れないから貸すという選択は危険だ」という話をしました。

http://www.e-ubl.net/mailmaga/mm120327.html

実際にこんな話があるので、お伝えしておきます。

本日とある不動産業者が営業にきました。
マンションの買取をされているとのこと。
うちにも売りたいマンションがあるので、相談したところ

「ワンルームマンションは買い取らない」というのです。
では、その業者は何をしているかというと。。。。

「賃貸中のファミリーマンションを買い取る」
「空き家になるまで収益物件として保有」
「退去されたときに自己使用の買い手を相手に売りに出す」

こうしたビジネスモデルだというのです。
ファミリーマンションであれば、空き家になればそこそこの値段で売れるからです。
だから買取でも商売になる。

しかしワンルームは市場が厳しいので手を出さない。
このように言われていました。

確かに大都市圏では、多くの収益用ワンルームが売りに出されています。
また、築浅で利回り二桁という物件も現実に存在しています。

特にこの収益ワンルームの場合で問題になるのは、住宅と違って
・立地
・物件の希少性
こうしたものよりも収益性に買い手の目がいくところです。

ようは「儲かる物件が欲しい」のです。
となれば、売りたい人が二人いて「損しても売りたい!」となった場合でも予算として下げられる物件、すなわち収益性が高い物件が売れていくのが現実です。

収益用ワンルームを売る。
今これは本当に難しいです。

ファミリーマンションであれば、地域においてある程度の価格まで下げれば売れます。
しかしワンルームは時にライバルの状況によっては大きく下げないと売れないという状況になる可能性も高いのです。

ですから、売却して現金化をお考えであれば早めに動いてください。

私個人としても、今後ワンルームを売りたい需要は増える中で、かしこい解決方法のスキーム作りも急務と感じでいます。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。