【え?そんなに!?】契約時に印鑑を押す回数 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 【え?そんなに!?】契約時に印鑑を押す回数

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

【え?そんなに!?】契約時に印鑑を押す回数

契約時に印鑑を押す回数

ちょっと今日はノウハウとは言いにくい話ですが、ちょっと契約の現場の話をお届けしたいと思います。

昨日売買契約をしているときに、いったい売主さんは何回印鑑を押すのか?
これを見ていました。

・重要事項説明書  4冊に8回(記名押印箇所+割り印)
・売買契約書     2冊に6回(記名押印箇所+割り印+印紙に割り印)
・付属設備について 3回 
・建物状況について 3回
・手付金の受領書  1回
合計         19回
なんと21回も押しているのです。

さらにこれだけでなく、ほぼ同じ数だけ名前と住所を書きます。
実は、この作業が大変。

参考にマンションを売る場合、契約当日の動きとしては
1、買主・売主をご紹介
2、重要事項説明を買主に行う
3、売買契約を読み合わせ
4、質疑応答
5、各書類に記名押印
6、手付金の授受
このような流れとなります。

この5の流れのときにざーっと名前と住所を書いて、あとでまとめて印鑑をおします。
たくさん書類があるので、混乱するかもしれません。
でも記名押印する限りは、なんの書類か分らないときはちゃんと不動産屋さんに聞いてくださいね。

ちなみに、この売買契約時の印鑑。
実印である必要はありません。
三文判でOK。
ただし、シャチハタはダメです。

今日は売買契約当日の場面を少し覗いてみました。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。