【とりあえず100万円下げましょう・・】間違った値下げの方法 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 【とりあえず100万円下げましょう・・】間違った値下げの方法

[an error occurred while processing this directive]

【とりあえず100万円下げましょう・・】間違った値下げの方法

100万円の値下げの効果

売りに出したマンション。
なかなか売れないので値下げする。
しかしマンションの値下げをする場合に、その値下げの効果は様々です。

同じ100万円でも効果が大きく変わります。

例えば3300万円の物件を3200万円に値下げする。
方や1300万円の物件を1200万円に値下げする。

同じ100万円でも「下がり具合」の感じ方が違うと思います。
また、1580万円と1480万円。
100万円の差ですが、1480万円のほうがすごく安く感じます。
ようは、値下げをするときには「いくら下げる」ではないのです。

『いかに安くなっているように見せるか』

これが大事なのです。
ですので単純に「下げ幅」だけみてはダメなのです。
実際こんな事例があります。

3010万円で売りに出していた物件がなかなか売れなかった。
そこで私に相談があり、20万だけさげて2990万円にした。

その週末、買いたい人が来て契約の運びに。。。。。
下げ幅はこのとき20万円だけです。
でも売れた。

買主は言いました。
「2千万円台なら買おうと思ってました。」

売主さんは不動産屋さんと売り出し価格を決める際に
「値段交渉を考えておきましょう」と言われて、+αの値段を設定します。

しかし実際には「値段交渉なんてできない!」と最初から思っている買主もいるのです。
「たった20万円くらい値段交渉してくればいいのに!」というのは売主の考えなのです。

値下げの幅は金額だけで考えてはいけない。
「効果のある値下げ幅」があるのです。

単純に「100万円下げる」は愚の骨頂。
なぜその金額下げるのか?どういう効果が期待できるのかが説明できない不動産屋さんはダメな不動産屋さんですね。

値段を下げるときは、よーくその効果を考えてみてくださいね。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]