値下げかな?と思ったら。 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 値下げかな?と思ったら。

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

値下げかな?と思ったら。

値下げを考える前に!!

このぐらいで売れると思って売りに出したマンション。
予想に反して反応が悪い。

不動産屋さんからは「値下げしましょう」と言われている。
確かに売れないので値下げが必要かと思うが、納得してから値下げしたい。
また「本当に値下げが必要なのか?」と思う。

こんなときに「そういう状況なら値下げもしょうがない」という基準を知りたくないですか?

家電などの説明書で「故障かな?と思ったら」というところで、いろんなパターンの対応が書かれています。

マンション売却においても「値下げかな?と思ったら」ということで、新著でも4つのステップをお話ししています。
今回はメルマガ読者の方に先行して、この4つのうちの1つをお話しします。

まず「値下げかな?と思ったら」の場合の最初のステップは「情報の広がり」です。
売りに出しているマンションの情報がちゃんと広く見込み客に届いているか?
これを確認しましょう。

「不動産屋さんにちゃんとお願いしたから大丈夫」と思っていたら、不動産屋さんが勝手に広告の規制をかけていた。

よって広がっているはずの情報が狭い範囲でしか流通していないなんてことが実際あるのです。
買い手がどうやって情報を探しているのかを考えれば、今の時代は情報を出来る限り多くの場に提供して反応を得る必要があるのです。

値段を下げるにも、多くのところに情報が出た上で「売れない」「反応がない」となればそれは正確なデータです。
しかし狭い世界の中だけでデータを広げて、数少ない反応から値下げを判断することは危険です。

まずは広く情報を公開出来ているかを確認する。
これを知っておいてください。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。