長期に空家にしていた家を売る場合には。。。。 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 長期に空家にしていた家を売る場合には。。。。

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

長期に空家にしていた家を売る場合には。。。。

空き家で長期に使っていない物件を売る場合の注意

相続や引越しなどで使わなくなって長期に空けていたマンションを売る。
そんな場合に注意しておくことがあります。

それは設備の状況です。

マンションを売る場合に、買い手と契約を交わすタイミングで設備状況の報告書もいっしょに行います。ここには、その物件内の設備状況がどうなっているかを明記します。

例えばエアコンが壊れているとか、屋外の照明が使えるかどうか不明だとか。
このときに長年使っていたマンションを売る場合は状況が分かっていますが、空き家が長かったマンションを売る場合は注意が必要です。

なぜなら長期間使っていない間に設備が壊れている可能性もあるからです。

先日もこんなことがありました。神戸の六甲山上にとある別荘がありました。
知り合いから売却の依頼を受けていた物件でしたが、これが大変だったのです。
なぜなら、その物件は山の上の別荘ですので1年に1度くらいしか使われてなかったのです。

そして、ここ数年は使っておらず。
また、この建物の建築設備図面もなければ、持ち主も「父が建設したのでぜんぜん私は分からない」という状態でした。

そこで、水道から下水、排水。電気からプロパンガス設置の機器、電気温水器に至るまで使用に問題がないか全て調査したのです。
使えるものは「使用可能」、壊れているものには「使用不可」。
中には「使用不明」ということで回答をしたものもありました。

これはマンションにおいても同じです。
長期間使っていなかった設備では、以前使えていたのに使えなくなってしまったものも出てきます。

使えないものを「使用可能」で売ってしまうと、壊れていた場合売主に修繕の義務が生じます。
そうならない為にも、売る前は一度動作確認をしてから売りに出しましょう。

ただ、壊れているもののなかで主要な設備の故障は直しておくほうがいいですね。
給湯器が壊れているなど。

ぜひ売りに出す前には設備の点検をしておきましょう。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。