【離婚】元夫婦共有のマンションを売る場合 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 【離婚】元夫婦共有のマンションを売る場合

[an error occurred while processing this directive]

【離婚】元夫婦共有のマンションを売る場合

離婚して夫婦共有のマンションを売る場合

夫婦共有で買ったマンションがある。
しかし、事情で離婚することになった。

そういう場合、このマンションの処分はどうなるのでしょうか?

原則的には夫婦での話し合いとなります。
慰謝料の変わりに元夫がローンを払い、元妻と子供が住むという場合もあります。
また、精算のために売ってしまう、こうした場合もあります。

しかし売りたいけどローンが残っていて、売っても返済しきれないということもあるでしょう。

この足りない部分を夫婦の貯金で補えればいいのですが、足りないこともあります。
通常、売ったお金でローンを返済し、かつ不足分を補うことが出来なければ現実問題としてマンションは売れません。

法律的には担保のついた物件を、担保のついたまま売買できますが一般の買主でそのような売り手の担保のついた物件を買う人はほとんどいません。非現実的と言えるでしょう。

よって、夫婦共有の物件の場合はまず「売って精算できるか?」がポイントです。
しかし、どう計算しても希望する金額で売れず、精算もできない場合はどうするのか?

それは別のところからお金を調達して精算する。
すなわちご両親などから借りるという方法ですね。

離婚するうえで、いつまでもこのマンションがあって整理がつかないということであれば、お金を借りてでも一旦スパッと整理することも精神的にいいかもしれません。

持分を売買して精算する方法もありますがローンが消えるわけではありません。
また、ある人の場合は夫婦ともにマンションを出て、貸すことで賃料を得てそれを持分に応じ分けているという方もいました。

あと大事なことですが、離婚で精算するといっても実際にはこうしたマンション意外に貯金やお互いの収入の問題、結婚したときのお金はどっちが出したなど非常に細かい話になる場合が多いです。

そして、大抵の場合は口約束で決め事をして離婚してしまい、あとで約束どおりに話が進まなくなって困っているという話もあります。

気持ちを整理するために別れる人生を選んだのに、後々問題を引きずるのは良くないです。
そうならない為にも、離婚をお考えの場合は財産のこともしっかり整理するために離婚協議書を専門家に作ってもらうことをオススメします。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]