マンションを売らずに持っておくリスク - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > マンションを売らずに持っておくリスク

[an error occurred while processing this directive]

マンションを売らずに持っておくリスク

売るか売らないかの狭間で

ここ数件続けて相談いただいている内容があります。
それは「売るか」「売らずにおいておくか」の相談です。

今非常に世の中不景気。
よって、様々な理由で今のマンションから引っ越すけど、そのマンションを売らずに置いておこう、将来何かあったらそこに住もう。
そうお考えになる方が増えています。

でも、空き家でおいておくのは部屋も傷むし、、、、
だから貸しておいてはどうだろう?

そうして私にご相談となる方が増えています。
これについては個々人の経済状況にもよるので一概に言え無い部分はありますが原則的には「使わないマンションは売るべき」が私の考えです。

理由は今後の経済情勢を見る限り、現金を持っておくほうが強いと考えています。
先に売ってしまい、キャッシュにしておけば、次に買いたい物件がでてくればにすぐにお金が出せます。

不動産で所有していれば、その不動産が売れないと現金化できません。

『いやいや、私のマンションはローンも払い終わってるし、貸して家賃で儲けられるよ』と言われる方もいるでしょう。
しかし今後日本の不動産業界の流れから見れば、自宅にしていた1部屋のマンションを収益用として運用するにもリスクが高いです。

これまでであれば、マンションを貸せば賃料以外にも「礼金」や関西では「敷引金」。
更新料や原状回復の費用など不動産オーナーにとっていい状況でした。
しかし、いまではどうでしょう?

いろんな判例で礼金や敷引、現状回復、家賃滞納者への対応など不動産オーナーに不利ともいえる情勢になりつつあります。
さらに、貸してしまえばもう「自宅」ではありません。

売る時は「収益物件」となり、自宅で売るよりも厳しい評価となります。

「売りたくなったら借主に出て行ってもらって売ればいいでしょ」
「将来自分が住むときにも、出て行ってもらったらいいよ」

と、言いたいところですがそれも難しい。
通常の賃貸では貸し手から『出て行って』といっても、まずダメです。
もちろん借り手が「いいよ」と言えば問題ないですが、もし「いやだ」となれば裁判しても勝てる見込みはほぼないです。

今の法律は「借り手有利」です。

こうしてトータル的に考えれば、将来への不安でマンションを置いておくこと自体にリスクがあるということもご理解いただけるのではと思います。

もちろんその背景には個人個人の状況がありますので、「私の(マンションの)場は?」ということについては個別に相談にお申込みいただくことをオススメします。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]