ネットの一括査定を私がオススメしない理由 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > ネットの一括査定を私がオススメしない理由

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

ネットの一括査定を私がオススメしない理由

ネットの一括査定を私がオススメしない理由

最近マンションのネットでの一括査定サービスを利用した方からの相談をよく受けます。
共通してその内容は

「いろんな条件で回答があって、どれが正しいか分からない」というものです。
せっかく一括で査定をしたのに、余計分からなくなる。
これじゃあ何の為にやったのか。。。。

しかし、私から厳しく言わせて頂くと。
「ネットの一括査定を利用すれば、混乱して当然」なのです。

ちょっと分かりにくいと思うので、例え話でお話しますね。
例えば、あなたがある素晴らしい料理長の作った絶品のフルコースを食べに行ったとしましょう。

そのとき、いっしょにこの食事にあうワインを飲みたいと思ったあなたはソムリエを呼びます。するとなぜか3人のソムリエが来ました。

オーナーシェフがテーブルに来てこう言います。
「この店ではお客様のより高い満足の為に、3人のソムリエをご用意しております。
この3人のソムリエのオススメワインの中から1つお選びください」

ソムリエA「この料理には○○○地方の豊かな土地で育った白ワインがオススメです。」
ソムリエB「いやいや、メインの肉にはどっしりとした赤ワインが通好みですね。」
ソムリエC「やはりしっかり寝かせた20年物のコクが料理を引き立たせますよ!」

さて、あなたはどのソムリエのオススメのワインを飲みますか?
もしあなたがワインについて詳しく、味も知っているのであれば、どのソムリエのワインが今から自分が食べる料理に合うかをソムリエのコメントから判断できるでしょう。

しかし、あなたがワインについて素人で、この料理に合うワインを知りたいと思っていたときに、この3人のソムリエの言葉を聞いたらどうでしょう。

・・・「で、どれが一番いいの?」
ようは、いろんな情報を得たところで、その人自信に判断する「知識」や「経験」がないと
結局は「情報が多くなっただけで、余計混乱する」ということになるのです。

そして、ネットの一括査定も同じような危険性があるのです。
マンション売却に詳しい人であれば、たくさんの情報を得ることで役に立ちます。
ただほとんどの方が当然マンション売却に詳しくはありません。
まして「初めて売る」という方にとっては、一括査定でたくさんの情報を得ることは混乱を招くだけと言えるでしょう。

では、正しい順番は?というと
1、まずあなたの状況と、売ろうとするマンションについての情報を用意
2、第三者の専門的な知識で、「どういう条件で、どのように進めていくか」のガイドラインを作る
3、その後、不動産屋さんの査定を受けて最終的な売り方を検討する。

これが一番正しいマンション売却の進め方。
ですので、一括査定が必ず悪いのではありません。
使うタイミングが問題なのです。

そして、私が電話相談などで提供しているアドバイスは、まさに上記の2にあたるのです。
ぜひ、あなたのマンション売却のガイドラインを作るためにも、私との相談を活用してください。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。