【要注意!】新築当時売れ残っていたマンションを売る場合 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 【要注意!】新築当時売れ残っていたマンションを売る場合

[an error occurred while processing this directive]

【要注意!】新築当時売れ残っていたマンションを売る場合

買ったとき「こんな感じだった」マンションは売却時に要注意

今住んでいるマンションを売るときに、必ず思い出して欲しいことがあります。
それは「買ったときどうだったか?」。

「どうだったか?」って何がどうだったのか?ってことですが、それは当時の売れ行きです。

よく相談の中でこんなお話を聞きます。
「新築当時売れ残っている部屋があって、それを安く買った。その部屋を今回売りたいのです。」

新築当時に売れ残りであった部屋を安く買った。
それを今売ることになったのです。

その時には、ある事実を知っておく必要があります。
それは「売れにくい可能性が高い」ということです。

この理由は極めて簡単です。
「新築でも売れにくかったマンションは、中古でも売れにくい」のです。

『いや、でも他の部屋や売れていた。たまたまこの部屋が売れ残っていただけ』と言いたくなるかもしれませんね。
しかし、他の部屋が売れているのに、その部屋だけ売れ残っていたのには確実に「理由」があるのです。

新築マンションを売る場合、当然ですが売主はマンションデベロッパーです。
大きなお金を掛けて、土地を買い、マンションを建て、売却する。
リスクある事業を行うマンションデベロッパーですが、事業としてスタートするために当然様々な調査を行っています。

プロの調査会社に頼み、この場所でマンションを作れば幾らぐらいで売れるのか?
どういったお客の層が買うのか?
こと細かく調査します。

よってプロが調査した結果でマンションの広さや価格、すなわち商品構成をしたうえで売ります。失敗は許されないのです。

また商品作りもそうですが、売ることについても彼らはプロです。
しかしそれだけやっても、「新築」でも売れなかった物件には一目では分からない「売れなかった理由」があるのです。

一目で見えない理由といっても「お化けが。。。」なんてことではありませんよ(笑
例えば、マンションの最上階だけ大きな部屋があった。
しかし、その部屋が最後まで売れ残った。

理由は「その地域でそんな高額なお金を払って家を買う人がいなかった」
なんてことがあるのです。

ですので、新築当時売れ残っていた部屋を買っている場合は、売るときも苦戦する可能性が高い。だからこそ、早めにしっかりと売る準備をしておきたいものですね。

関連記事

マンションが売れない理由 需要編


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]