【2つの悲劇】と【今後のマンション市場】 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 【2つの悲劇】と【今後のマンション市場】

[an error occurred while processing this directive]

【2つの悲劇】と【今後のマンション市場】

これからは「持たない」のが正解

ここ数年、自営業以外で普通のサラリーマンであれば簡単に家・マンションを買うことができる時代でした。

実は、私も現在親の家を買う為にいろいろ調べていますが
「えーこんな簡単に融資が降りて、そんなに貸してくれるの?」と驚くばかり。

自宅として不動産を買うことは、本当に簡単な時代になりました。
しかし、その一方で「簡単に買えることで起こる2つの悲劇」があります。

1つは売るときのリスクを考えなかった。
買うときに売ることのことまで考える人は少ないです。
たいていの場合、「買ってからは一生住む」と考えて買います。
ですので、35年ものローンを組むのです。

ただ生活というのは時間が流れればそのスタイルは変わります。
また、家族の状態、仕事によっても大きく変わるでしょう。

よって、売るはずの無かったものを売ることに。
しかし実際に売りに出すと売るのは難しい。

なぜなら、ここ10年で買いやすくなったマンションをもう買える人が買い尽くしている状態なのです。

そしてタダでさえ買える人が減っているのに、さらに売れない状況になっているのは、景気の悪さです。

私もよく銀行などにヒアリングをするのですが、昔と今とでは銀行の評価が大きく変わってます。
昔は3,000万円のローンを借りる場合、「2,500万円なら貸せます」とか、「2000万円まで融資するのであとは自己資金用意してください」というように、ローンについては様々な条件がありました。

これは借りるほうにデメリットがありそうに一見思いますが違います。
満額借りれない信用の方でも、借りる金額や借り方でローンが通っていたのです。
でもいまは違います。

「貸します」「貸しません」この2つしかありません。
ようは、前であれば満額でなければ借りられていた人も借りれない。
そんな状況です。

よって、ますます買う人が少ない、すなわち供給過多。
売りたくても思うように売れないということなのです。

そして2つ目に悲劇は「日本人の不動産に対する常識が変わってきた」ことです。

昔は不動産を買えば右肩上がり。
持っているだけで資産でした。
でも今ではどうでしょう?

「買って住んだらそれだけで値段が下がる」
「買ったよりも高く売れることなどまずない」

このような新しい常識がだいぶ消費者レベルで浸透してきました。
結果、今からマンション、家を買う人は「極めて慎重に物件選びをする」ということです。

今度は「将来売ることも」視野に入れて物件を探します。
さらに供給過多ですので、売るのが難しい。
(供給過多の場合の売り方については前回のメルマガを参考に!)
http://www.e-ubl.net/mailmaga/mm101009.html

そして今後こうした状況が徐々にマスコミなどで流れ出すと、ますます買主さんは財布の紐をぎゅっと締めることになるでしょう。

私は思うのですが「買主が不動産を買うことの『本当のメリットデメリット』を知るときがもう近いと思います。

そうなれば、「賃貸でもいいよな」「いいものがあれば買おう」という風潮が広がる、結果売るのは益々難しいということになるのです。

・供給過多
・不動産に対する常識の変化

この2つのことを考えれば、これからマンションを売る人は「じゃあ今はお金が必要ないから将来売ろう!」ではなく、さっさとこの2つの情報を買主の多くが察知する前に「売り逃げてしまう」ことが大事です。

「特にお金も掛からないから持っておこう」よりも「不要な不動産はさっさと売却して持たない」これがスタンダードになっていくと思います。

あなたがもし、今売却しようか悩んでいるマンションがあるのであれば早々に売り逃げたほうがいいでしょう。

ただし、中には例外的に所有しておくことを進める場合もあります。
個別性の高い問題ですので、「私の不動産はどうしたらいいの?」とお悩みでしたら電話相談やメール相談を活用いただければと思います。

関連記事

2010年のマンション売却市場の見通し


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]