値下げはどの程度が適正なのか? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 値下げはどの程度が適正なのか?

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

値下げはどの程度が適正なのか?

値下げのときの2つのポイント

売りに出しているマンションが売れないときに、不動産屋さんから「値段を下げましょう」というお話になる場合があります。

このとき「いくら下げるのか?」が気になるところ。
特に初めてマンションを売る場合、この「下げ具合」が検討つかないと思います。

そんなときに知っていおいていただきたいのが値下げのときの2つのポイントです。
それは「価格帯変化の法則」「10%の法則」です。

まずそもそもなぜ売値を下げるのでしょうか?
この理由は2つあります。

1、すでにこの物件に興味を持っている人の背中を押すため
2、新しい層の買主さんに見てもらうため

今日はこの1について「価格帯変化の法則」としてお話しします。
2については次回お話しますね。

さて、売値を下げる理由の1つめの「すでにこの物件に興味を持っている人の背中を押すため」というのは、言い換えると

「物件そのものに興味があるけど、自分の考えている価格帯ではないことで選択肢から
外していた買主さんに値下げによって反応を促す」ということです。

過去私自身が仲介した事例ですが4,010万円で売りに出していたマンションを
3,990万円に下げたとたん売れました。
その下げ幅はたった20万円。
買主さんに聞いたところ「4千万円台では高いと思ってました、4千万円切ったので」と言われていました。

典型的な事例かと思います。
この買主さんが買った理由は「4千万円台」から「3千万円台」に価格帯が変化したからです。

また、価格帯の変化については「500万円ごと」に反応が変わります。
どういうことか?

よくネットでの不動産サイトをみてください。
例としてヤフー不動産を見てみましょう。
http://used.realestate.yahoo.co.jp/bin/csearch?lc=06&rps=4&pf=28&md=rail

こちらのページの下部に「物件の検索条件」を入れるところがあります。
その価格設定をみてください。
500万円刻みになっています。

例えば2,500万円までの物件を探す人は「上限2,500万円以下」とします。
よって仮にあなたのマンションが2,510万円であっても検索結果に反映されないのです。

買主の気持ちになってみてください。
2500万円の予算の場合、2,510万円の物件が気に入っても「10万円高いから」と言って買わないということはない。

でも検索結果で出てこないのです。

ようは「価格帯変化の法則」とは、このネット上の検索対策ともいえます。
もし2,600万円の物件の売り出し価格を下げるのであれば、2510万円にするよりも2,490万円にしたほうが反応が取れるのです。

逆に2,520万円の売り出し価格を下げるのであれば、2,380万円ではなく、まず
500万円単位の節目を意識し、2,490万円で一度売り出しなおすことも必要なのです。

最近はネットで家を探す人が増えています。
そのためにも、買い手がどのように検索しているのか?を逆に値下げのときに利用する。
これが「価格帯変化の法則」なのです。

次回は『2、新しい層の買主さんに見てもらう』に基づいた「10%の法則」についてお話しますね。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。