不動産屋さん選びに失敗した例 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 不動産屋さん選びに失敗した例

[an error occurred while processing this directive]

不動産屋さん選びに失敗した例

そんな不動産屋さんはやめてしまえ!

先週土曜日、突然私の携帯がなりました。
出てみると、仕事の電話の転送でした。

掛けてきた方は、地元神戸のある売主さんでした。
「ちょっとお話を聞きたい」とのこと。

ご相談の内容はこうしたものでした。

・今すでにマンションを売りに出している。
・すぐにお金がいるので、急いでいる。
・今○○○○万円で売りに出しているが、急いでいるので▲▲▲▲万円までさげてもいい。

こうした内容でした。
私は不思議に思いました。
これほど明確に「どう売りたい」のかを分かっているのに、私に相談する必要があるのか?そこで話を聞いた後、私はズバリ言いました。

「このことを今売却をお願いしている不動産屋さんに伝えればいいのではないですか?」
すると、この相談者はこういいました。

『不動産屋さんに伝えているのですが、話を聞いてくれないのです!!』

不動産屋さんに「早く売ってしまいたい」と言うと「どっしり構えていきましょう」と話をぜんぜん聞いてくれない。売主の希望をちゃんと聞いてくれないというのです。

この方の場合は「1日も早く現金化したい」「下げれる値段が決まっている」ということ
でしたので、私のセオリーでいけば「売却の期限を決めて、早めに値段を下げて売る」と
なります。

しかし、今売却を依頼している不動産屋さんがそのように動いてくれないというのです。
聞けば誰でも知っているCMもしているような大手の不動産屋さんでした。

この方は、マンション売却において「不動産屋さん選び」で失敗したのです。
不動産屋さんを選ぶとき、大事なのは「いかに売主のことを考えてくれるか?」ということです。

不動産屋さん選びはマンション売却において極めて大事。
今回の事例の方のように、お客様のことを考えない不動産屋さんにお願いすると大変な失敗をします。

この方には「不動産屋さんにすぐ値段を下げるように言ってください。それでダメなら不動産屋さんを変えてください」とお話しました。

しかし、この後少し話が続く中で、今回のトラブルは不動産屋さんだけでも無い事に私は気がつきました。

この相談をしてきた方は、私にアドバイスを求めるのですが
「でもそんな風にできない」
「私は結構不動産業界のことは詳しい」
「そんなことして効果あるのか?」
と私のアドバイスに対し、ことごとく反論をしてきます。

私からすれば、反論するのは結構なのですが「じゃあなんの為に私に相談したの?」となります。
前回のメルマガでもマンションを売るときに「素直さ」や「アドバイスをすぐに実行する
行動力が大事」なことをお話しました。
http://www.e-ubl.net/mailmaga/mm100903.html

アドバイスを受け、それを実行することなく「頭」で考えて「行動」しない。
私のアドバイスが200%正しいとしても、そんなことではうまく売れるはずがない。
「結局やらない」のですからね。

こうした売主さんの気持ちや態度が、結局その人にとって良くない不動産屋さんを引き寄せている可能が高いのです。

少し話はそれましたが、マンション売却にとって不動産屋さん選びは極めて大事です。
ぜひ間違った不動産屋さん選びはしないでくださいね。

あとは、素直に行動ですね(笑

地域によってはご相談いただければ、あなたにあった不動産屋さんをご紹介します。

関連記事

ブログを見れば「いい不動産屋さん」か分かるのですよ。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]