【築年数と売れる価格】関係あるの? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 【築年数と売れる価格】関係あるの?

[an error occurred while processing this directive]

【築年数と売れる価格】関係あるの?

築年数が売れ行きを変える?

いますぐ売る必要はないけど、そのうち売りたい。
しかし築年数が古くなるのでどうしよう?

このようにお悩みの方がいます。
実際にマンションを売る場合に、築年数が売れ行きに関係あるのでしょうか?

ズバリ、「関係ある場合とない場合がある」というのが正解です。

例えばもう築22年のマンション。
来年売れば築23年。

このような場合、売るほうにすれば1年の違いです。
しかし買うほうにすれば「22年も23年もいっしょ」だったりします。
あなたも買い手の立場になって考えてみれば分かりますよね。

「築17年と19年」
「築7年と9年」

こんな場合は、築年数が問題にならないのです。
しかし、次のような場合どうでしょう?

「築24年と25年」
「築9年と10年」
「築10年と11年」
「築5年と6年」

その差は同じ1年なのに、ちょっと気になります。
特に「築9年と10年」なんかは気になりませんか?

築年数において、買い手として気になるのはちょうど5の倍数で築年数が経過するときなのです。

よく、家を買う人ってこんな風に言いませんか?
「そうだな~やっぱり築10年以内の家」とか。

この10年にどんな根拠があるのか?
これを明確に答えられる買主さんはいないです。
なぜなら、築10年が11年になったとたんボロボロになったり、壊れたりなんてありませんから。(笑

ただ、なんとな区切りがいいので「10年」という買い手が多いのです。
ですので、売る側の立場で言えば
「築5年以内」
「築10年以内」
「築20年以内」

このあたりの数字は「根拠のない買主のイメージとして差になるところ」だということです。

不動産屋さんに行って「3LDKで、駅近、ペットが飼えて、築10年以内のマンション」こんな風に希望をいう買主さんがいるのです。

築年数そのものが、価格を決めるわけではありません。
しかし、買い手の心理として5の倍数の築年数の変化に敏感なのです。

「でも家はちょうど築8年、来年でも9年だからいいんじゃない、来年売れば」と思われるかもしれませんが、それは正しくないです。

同じような地域で同じような間取り、同じようなタイプ、価格帯であればやはり築の浅いものが好まれる傾向があるのです。
そういうことも考えて、「いつ売ろうか」とお悩みの物件は早めに売却をスタートするほうがいいともいえるのです。

また、早く売り出すことで値段の調整もつけやすいのです。

築年数が売れる値段に関係するかというと、ズバリ、「関係ある場合とない場合がある」というのが正解、そして結局は早く売却をスタートすることが大事だと知っておいてください。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]