離婚してマンションを売る場合の注意点 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 離婚してマンションを売る場合の注意点

[an error occurred while processing this directive]

離婚してマンションを売る場合の注意点

離婚してマンションを売る

最近けっこう増えてきた相談です。
「離婚したので、マンションを売りたい」というお話です。

結婚しているときに買った3LDKくらいのマンション。
今回離婚することになり、売ることにした。
どうやって売ればいいのか?というご相談が増えています。

売ってお金を分けようという話ならいいのですが問題となるのは売ってもローン返済が出来ない場合です。

例えばローンの残債が2,000万円ある。
しかしマンションを売っても1,800万円にしかならない。
その場合、足らずの200万円を用意する必要があります。

この200万円を用意できるのか?
用意できないのであれば売ることができないのです。

また、名義の問題もあります。
共有名義であれば、もし足らずが出た場合は税法上はその持分に応じて不足分を負担しなければいけません。

さらに、このように売れる場合はいいですが売れない場合は大変です。
賃貸に出すということも視野に入れておく必要があります。

そうなると、賃料収入に関しても持分に応じてちゃんと申告しないといけません。
このように離婚して不動産を売る場合にはいろいろと確認したうえで、動かなければいけないことが多いのです。

・売るのがいいか?
・売れるのか?
・売れない場合はどうすればいいのか?
こうした状況にあわせて
夫婦間の財産問題なども関係してきます。

もし、離婚してマンションを売るのであればまず相談してくださいね。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]