事件があったマンションを売る場合の注意 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 事件があったマンションを売る場合の注意

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

事件があったマンションを売る場合の注意

買主の伝える?伝えない?

「事件のあった物件を売る場合どうしたらいいですか?」
めったにある相談ではありませんが、たまにあるお話です。

例えばワンルームマンションを所有していて、貸していたが入居者が中で死んでいた。
また、お1人で住まいのご両親が中で亡くなっていた。
こうしたことでご相談があります。

「こうしたことは買主に伝えなければいけませんか?」ということです。
答えから言うと、「伝える必要があります。」

この物件で「事件、自殺、事故があった」という場合は買主に知らせる必要があるのです。

「そんなこと言ったら売れなくなる!」と思われるかもしれません。
確かに、こうした物件は売れにくい。
しかし、買主の中には気にしない方もいるも事実。

「安い買い物できてよかった」なんて人もいます。

とはいえ、売主としてはこのことを伝えるということに不安がありますよね。
「黙っておけば分からないだろう」と思って売ってしまっては大変です。

もし、売主が黙っていても知られてしまうことがあるのです。
それはご近所さんが言ってしまったりと・・・・・。

私自身に起こったこんな話があります。
私は現在一戸建てを借りて住んでいます。
借りるときは気分よく気に入って借りました。

しかし、住み始めてご近所との慣れたあるとき、ご近所の方と話していた奥さんからメール入りました。
内容は、「私たちの借りた家に以前ちょくちょく空き巣が入っていた」というのです。
この話を聞いた私は、仲介をした不動産屋さんにあわてて電話。

「この家に過去に空き巣が何度か入っていたということだけど、どういうこと?」と。
結果分かったのは、今の所有者の前の所有者の時の話で最近そういうことはないとの返事でした。

ただ、こうしたことを聞かされたほうはいい気分しませんよね。
今回は空き巣の話でしたが、これが「買った家で、人が死ぬような事件が起きていた」となれば買ったほうは黙ってられません。

このようにこっそり売ってもご近所さんの話でばれると思っておいてください。
そして黙っていてばれたら、それは損害賠償の問題に発展します。

では、そのことをどのタイミングで誰に伝えるのか?
それは最初の段階で売却を依頼する不動産屋さんに言いましょう。
売主として仲介業者にお話しておけば、それを買主さんに黙っていても仲介業者が伝えなければいけないことを故意に黙っていたとなります。

そうした状況を踏まえて、どう売っていくのかを考えてくださいね。
気になることは、まず不動産屋さんに言う。
これが鉄則です。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。