マンションの売り出し価格のカラクリ - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > マンションの売り出し価格のカラクリ

[an error occurred while processing this directive]

マンションの売り出し価格のカラクリ

売り出し価格の根拠

これからマンションを売りに出す場合、いくらぐらいで売りに出すのか?ということについて、頭を悩ませますよね。

「前に○階で2300万円で出ていたから、うちだと2400万円位かな?」と

売主さんの立場であれば、やはり同じマンションで売りに出た情報には敏感。
よって、過去の売り出し価格がしっかり頭にあります。

ですので、自分が売りに出すときも「前の値段」が非常に気になる。
また不動産屋さんが「前にこのぐらいの価格で売りに出ていたので」というと

「そうだよな」と納得してしまいます。
こうして、不動産の価格というものは過去の事例によって作られていくのです。

・・・・・・・・・・・・・・・?
あれ?
なんだかおかしくないですか?

「不動産価格は過去の事例によって作られていく。」
・・・・・じゃあ、これまで中古が売りに出たこと無いマンションはどうやって値段を決めるの?

もちろん、見方として「経過年数」やら「細かい指標」があります。
評価点をつけたりと。
でも、それでつけた価格が売れるかと言うと売れない。

もっとはっきり言いましょうか?

不動産の市場価格とは、その物件が売れた価格なのです。

どれだけ理屈をこね回して、評価をつけても売れないのであればそれはあくまで評価であって、市場価格ではないのです。

よって、売れた価格が市場価格。
すなわち、事例だけを参考にすることはないということです。

これまで1800万円でした売れなかったマンションがあったとして、今2000万円で売りに出したら1900万円で売れる可能性もあるのです。

「そんな高い値段で売れないよ」と不動産屋さんは言うかもしれません。
しかし、もう一回言いますよ。

『売れた価格が市場価格。』

で、あれば少し事例より高い値段で出しても問題ないのです。
「じゃあめっぽう高い金額で売りに出してもいいのか?」というと、そうではありません。
売り出し価格を決める際には、物件の過去の事例も大事なのですが「売主さんの現在の状況」が極めて関係してきます。

高く時間を掛けて売る力があるのか?
それとも下げても早く売ったほうがメリットがあるのか?

こうしたことを総合的に考えて、あなただけの売り出し価格を考えないといけないのです。
『売れた価格が市場価格』
この言葉を覚えておいてくださいね。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]