ペットを飼っている、飼っていたマンションを売るときの注意点 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > ペットを飼っている、飼っていたマンションを売るときの注意点

[an error occurred while processing this directive]

ペットを飼っている、飼っていたマンションを売るときの注意点

ペットを飼っていたマンションを売るときの注意点

ペットを飼っていた方がマンションを売るときに気をつけておくことがあります。
まず、「ペットNG」のマンションで隠れて飼育していた場合なんかは特に注意。

今全体的にペット可のマンションが増えていますが、ペット不可のマンションをあえて探される方も多くいます。
ペット飼育禁止のマンションを買われる理由はいろいろ。

・泣き声がうるさい
・におい
・動物が嫌い
と、いろいろありますが最近とくに問題になるのが『アレルギー』の問題です。

犬や猫のアレルギーの方が今増えています。
動物アレルギーの方が住まいを探す場合は当然「ペット不可」のマンションを探します。

もし、あなたのご家族に動物アレルギーの方がいて、住まい探してペット不可のマンションを見に行ったとき。
いるはずのない犬や猫が内覧しにいって出てきたらどうしますか?

え?ここはペット不可なのでは・・・・不可のマンションなのに・・・。
と思いますよね。
そうなれば当然買い手の気持ちからすれば購入検討物件からあっさり除外。

売主の立場で言えば「ペットを隠れて飼っていたが為に売れない」という事態です。

では、ペット可マンションの場合はどうでしょう。
最近はこのペット可マンションが増えています。
しかしやはり売りに出す場合気になるのは「におい」の問題です。

ペットを飼っている方は慣れてしまっていますが、内覧にこられた方にはやはり気になる。
またペット可のマンションを見に来る場合でも、動物は嫌いという人はいます。

よってペットを飼っている状態でマンションを売りに出す場合は
・内覧にくる時間に散歩に連れて行く。
・におい対策をしっかりしておく
この2つをしておきましょう。

またすでに引っ越してしまって空き家にしている場合でにおいが残るようでしたらクロスの張替えとカーペットの張替えを検討されことをオススメします。
クロスとカーペット程度であれば目が飛び出るほどの金額にはならないです。

なぜ、ここまで神経質にペット対策をするのか。
実際にペットを飼っている方には「そこまでやらなくても。。。」と思われるかも知れません。

しかし、売る場合のポイントとして。
早く少しでも高く売る場合に大事なことは「たくさんの買い手が反応するようにすること」です。

ペットについて意識せずに内覧者を迎えてしまうと、その内覧者がペットが苦手であれば、もう部屋に入った時点で検討からはずされてしまいます。
でもちゃんと意識して対策をして迎え入れれば、ペットが苦手な内覧者でも大丈夫。
また、ペット好きの内覧者であっても「へー飼っているのに綺麗に使っている」と好印象を与えるだけです。

実際私も犬を飼っていましたので、ペットのかわいいのはよく分かります。
しかし、この可愛い家族が原因で売れない事態になったら、それはペットも買主としてもうれしいことではありませんよね。

ペットを飼っているマンション、また飼っていたマンションを売る場合は、しっかり対策をして気持ちよく売りましょうね。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]