私がマンションの単価を知らない理由 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 私がマンションの単価を知らない理由

[an error occurred while processing this directive]

私がマンションの単価を知らない理由

坪単価や平方メートル単価は分かりません

最近ネットでいろんな知識を得ることが出来るようになりました。
今読んで頂いているこのメールもそうです。

情報がたくさんあって、時にはいろいろと私より不動産について詳しい素人の方がいます。

「いやー田中さん、あのマンションは坪単価どのくらいでうんたらかんたら。。。」
私は「へ~」

こうしてマンションの坪単価や平方メートルの単価を一生懸命調べている方がいます。
で、よく聞かれるのですね。

「○○マンションの坪単価ってどれくらいですか?」
私はにっこり笑ってこう答えます。

「分かりません」

マンション売却のプロだと言っている私が「分からない」というので、相手は驚いた顔をします。

正直、私は他の不動産屋さんのように「マンションの坪単価」などにはまったく詳しくありません。
覚えようともしません、

それには理由があります。
単価に捉われることでニュートラルな査定に「邪魔になるから」です。

そもそもその坪単価や平方メートル単価というものは「過去の事例」を元にしています。
しかし、これから売ろうというマンションは「今」の価格考える必要があります。

もちろんそのとき過去の事例は参考にします。
しかし、100%それを信用しません。
なぜなら、あくまでも「過去」の情報なのです。

また同じマンションでも「間取り」「向き」「角部屋か違うか」と物件の特性も違うさらに売主さんが「売り急いでいる」「ゆっくり売りたい」このような違いもあるのです。

・今の市場価格
・売主さんの希望と状況
これを元に売り出し価格を考えナければいけないのに、過去の事例にこだわりすぎると問題がおきるのです。

よくあるのが「前に売っていた同じマンションの部屋は平方メートル単価○○万円ぐらいだった」と言って、こちらの査定額に納得されない方がいます。

聞けば1年前の事例です。
今世の中は1ヶ月あれば大きく変わるのです。
しかし過去の事例にとらわれるあまり、売れる値段を逃したり、いい話を逃したり。
こういう売主さんをたくさん見てきました。

売る為に自分のマンションの単価を必死に集めるのはいいですが、あくまでも「参考」です。
不動産は個別性が高い、市場の影響も大きいのです。

あなたに合ったマンションの売り出し価格の考え方を無料のメール相談や有料にて電話相談でアドバイスしています。
ぜひご活用くださいね。
http://www.e-ubl.net/


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]