不動産屋さんを変えるタイミング - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 不動産屋さんを変えるタイミング

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

不動産屋さんを変えるタイミング

不動産屋さんを変える方法

信頼できそうな不動産屋さんに売却を依頼したけど、いまでは不信感がある。
いい不動産屋さんなんだけど、なかなか売れない。どうしよう。。。

不動産屋さんを変えようと思うきっかけは様々です。

私のところにもこうした相談が多いです。

では、どうやって不動産屋さんを変えるのかということですが単純に更新の時にやめるのが簡単です。

媒介契約は原則的には依頼者である売主が更新の意思を示さないと更新されません。
よって、更新しないと言えばそれまでです。

しかし、この不動産屋さんを「変える」となれば当然次に頼む不動産屋さんも見つけておく必要があるのです。

それはどのタイミングでやればいいのでしょう?

媒介契約の更新の3週間前くらいにスタートしましょう。
まず1週目に、次に頼む不動産屋さんをリストアップします。
最初に断ったところもあると思います。

その他ネットやチラシなどで不動産屋さんの情報を集めましょう。

次に、めぼしをつけた数社に連絡を取りましょう。
その際「今売りに出しているのですが、不動産屋さんを変えたいと思ってますので一度内覧を兼ねて話を聞かせてください」と言えばいいです。

実際に売りに出している家を見てもらい話を聞きましょう。
そして聞くべきことは

・今売れていない理由はなんだと思いますか?

ということです。
すでに売りに出しているので、どんなアドバイスをしてくるのか確認しましょう。
そのとき

「うちは大手だから」とか「うちなら大丈夫ですよ」とあいまいな、また抽象的な理由をいう業者は断ればいいです。

そしていいなあと思った不動産屋さんには「今の媒介契約の期間が切れたらすぐに切り返してください」とお願いしましょう。
そうすると時間的なロスがありません。

売りに出しているのを一回途切れさせないようにスムーズに不動産屋さんを切り替えましょう。

では今依頼している不動産屋さんから変える場合は専任がいいのか、一般がいいのか?
もう売りに出しているマンションには住まないで遠方にいるので、現場で話を聞けない。

こういう場合はどうすればいいのかは売主さんの状況にもよりますので、電話相談などで
聞いていただくと、明確なアドバイスができます。
電話相談についてはこちら↓
http://www.e-ubl.net/menu1.html


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。