不動産屋さんを変えたいときはどうすればいい? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 不動産屋さんを変えたいときはどうすればいい?

[an error occurred while processing this directive]

不動産屋さんを変えたいときはどうすればいい?

媒介契約の切り替えの方法

前回につづき、媒介契約についてお話します。
A社に専任で媒介契約を締結した。
その後期限の3ヶ月をもうすぐ迎えそうだが、前向きな話がない。。。。。

また、なんの連絡もくれない不動産屋さんに不信感も・・・
そこで『不動産屋さんを変えたい』と思う。

しかし、ここで不安が・・・。

「なんて言って媒介契約の更新を断ったらいいのだろうか・・・・」

このまま時間が過ぎれば、あたりまえのように契約が更新されてしまう。
でも不動産屋さんになんて言えばいいのだろう。
更新しないことを言えば、力をいれて販売活動してくれないかも。。。

こうしたお悩みでご相談をされる方が意外と多いです。

そこで、今回と次回で「かしこい媒介契約の更新方法」をお伝えします。

まず三ヶ月契約の場合、ポイントとなるのは二ヶ月目です。
媒介契約を依頼して二ヶ月が過ぎたタイミングで考えましょう。

引き続き今の不動産屋さんにお願いするのか?
不動産屋さんを変えるのか?
これを決めます。

そして、引き続き変える場合も、継続する場合であっても二ヶ月が終わるときに不動産屋さんにこう伝えましょう。

「あと一ヶ月で動きが無ければ不動産屋さんを変えることも検討する必要が出てきますので、よろしくお願いします。」と。

このときのポイントは「ダメだったら不動産屋さん変えるからね」というニュアンスではなく

『うちとしてはぜひ、あなた(不動産屋さん)に売ってもらいたい、でもうちにも
うちの都合があって、早く売らなくてはいけないので。。。。』

と、いう気持ちで不動産屋さんに伝えることです。
ただ、三ヶ月目を過ごしてもらうのではなく、「期待しているのでお願いします」と伝えることです。

このことを二ヶ月目に言っておくことで、もし三ヶ月の期限がきた時に不動産屋さんを変えるときでも「前に言っていたとおり、媒介契約は更新せずに他の不動産屋さんに変えます」とスムーズに契約更新を断ることができます。

もちろん、この三ヶ月目ですごくがんばってくれれば引き続き契約を更新すればいいのです。

これを何の予告も無く「もう更新しません」とやるとそこで「シコリ」が残るのです。
シコリが残ろうが法的にも、結果にも関係ないかと思いますが嫌な「感情」が残ります。
そうならないように気持ちよく売る為にも媒介契約の更新をするかしないかの「予告」をしておくことをオススメします。

不動産屋さんとして「予告されていた」ことであれば断られても仕方がないですからね。

では、実際に不動産屋さんを変える場合は「どのようなアクション」を「いつから起こすのか」については次回にお話したいと思います。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]