媒介契約は専任?一般? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 媒介契約は専任?一般?

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

媒介契約は専任?一般?

媒介契約は専任or一般

私は著書、成功する中古マンション売却術の第4章37(129ページ)の中で「専任媒介契約のほうが優れている」という風に書きました。

これについては今でも「正論」だと思っています。
「本」という形で世の中に出す場合は「最大公約数の人に役立つ内容」を書きます。
ですので、大抵の場合は専任媒介契約で売却を依頼することが望ましいです。

しかし、マンションを売るということは
・そのマンションの特性
・売主さんの置かれている状況

これには個別的な違いが多くあります。

実際にはありえませんが、まったく同じ価値の部屋を売る売主さんが二人いたとします。
・Aさんはお金に余裕がありました。
・Bさんは今すぐお金が必要でした。

この場合、単純なアドバイスですが
・Aさんは専任で売却を依頼して、じっくり売りましょう。
とアドバイスるでしょう。

しかし、お金に困っているBさんには
・今すぐ大手数社と中小2,3社に声掛けて査定してもらい、3社選んで一般媒介で売りに出しましょう!

とアドバイスします。

ようするに媒介契約を選ぶとき「専任がいいか」「媒介がいいか」ということについては場合によっては一般を選ぶ必要もあるということなのです。

こんな話があります。
先日あるスポーツメーカーに勤めている弟から靴下が届きました。
マラソンを走る私の為に、彼が送ってきてくれたのです。

それは非常に「機能性の高い」マラソン用の靴下だったのです。

さっそく私はそれを履いて大会にでました。
結果・・・・・・その靴下が原因で途中棄権になりました。

その靴下の機能性が私の足に合わなかったのです。

メーカーはもちろん多くの実験をしたうえで商品化していますが、それでも私のように合わない場合があるのです。

もし、私がその靴下を履く前に、専門家に足の形や走る癖を見てもらってから履くか履かないかを判断すればこんな結果にはなりませんでした。

そしてこれは媒介契約を選ぶのもいっしょ。
「この靴下がいいよ!」というのといっしょで基本は「専任媒介契約」です。
しかし、中には売主さんのマンションの特性や、売主さんの状況によっては「一般媒介で売ったほうがいい」という場合もあるのです。

ただそれを自分の判断でやると、後になって「これでよかったんだろうか?」と・・。

アカンかったらまた不動産屋さん変えればええか!
なんてもんではありません。

売主さんによっては
「○月から○月下旬までは専任で、それで状況が変わらなければ○月から一般に切り替えましょう。その切り替えのさいに不動産屋さんにこういう条件をつけて・・・・」

このように売主さんの状況と物件に応じ媒介契約をどうするのか?を私はアドバイスしています。

なぜなら、マンションを売るときに「どのように不動産屋さんに依頼するか!?」は極めて大切だからです。

媒介契約のことで悩んだら、ぜひ一度私に相談してくださいね。
電話相談はコチラから→ http://www.e-ubl.net/menu1.html


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。