そのアドバイスはプロのアドバイスですか? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > そのアドバイスはプロのアドバイスですか?

[an error occurred while processing this directive]

そのアドバイスはプロのアドバイスですか?

タダでもらえるアドバイス

マンション売却において、思ったような結果が出せなかった人。
こうした人にはいろんなパターンがあるのですが、中でもやっかいなパターンがあります。

それは「他人のアドバイスを受けすぎる人」です。

あなたがマンションを売ろうとして、お友達や親戚に相談した。
すると。。。。。

「何もこの不景気に売らなくても」
「将来景気が回復したら」
「そんな条件で売るのは損だ!!」

せっかく売ろうと思っているのに、後ろ向きなアドバイスが。。。。。

実際先日もこんな話がありました。
これはある大きな収益物件の売却話。

芦屋にある一棟のビルを売る話でした。

売主さんの経済状況が悪化し、もう「売らなくてはいけない」状況でした。
そこで当社が売りに出したところ非常にいい条件の買主が現われました。

売ろうとしているビルの築年数、収益性、今後の市場性、決済の条件。
ありとあらゆる角度から見て「理想的な条件」でした。

ただ売主は結果としてこの条件を飲まないことになったのです。
我々不動産のプロから見れば、ある意味で「最後のチャンス!!」と言える条件だったのです。

その理由は「いろんな人に相談した結果」でした。
・税理士さんに聞くと「それは安すぎる、土地の評価しかないのでは?」
・親戚「今、この不景気な中売らなくても」
・友人「一般的な収益性から見ればもう少し高いのでは?」

このようにアドバイスされたそうです。
そこで私は聞きました。

「では、そのアドバイスをくれた方の中に『不動産を売却したことがある』もしくは『不動産売買に詳しい人はいますか?』」と。

税理士さんの意見もありますが、税理士は不動産のプロではありません。
「税理士としての見方でのアドバイス」をするのみであり、それが市場の流通に準じているものではないのです。

売主さんは黙ってしまいました。
結果として売主さんはこうした「素人のアドバイス」を鵜呑みにしてしまいチャンスを逃しました。(一千万は最低損してますね。)

不動産を何度も売買する人はそういません。
マンションを売る場合なら「これははじめて」という方も多いでしょう。

ですから不安になってあちこち相談する。
しかし、その相談相手には十分気をつけなければなりません。

常識的に考えて、相談を受けたほうは不動産に詳しくなければ
「ごめんなさい、不動産に詳しくないので」と言えばいいのですが、大抵の場合
自分の知っている、もしくは聞きかじった「付け焼刃」の知識で売主にアドバイス。

他人に教えるのが好きな人が多いのです。
しかし、問題なのはそのアドバイスが「プロの意見ではないこと」なのです。

当然売主さんは間違った知識を得ることになり、結果としていい条件で売るチャンスを逃す。私はこういう状況をたくさん見てきました。

親戚・友人を信じるな!ということではありません。
相談する相手が「不動産売却のプロなのか?」ということです。

「専門家以外からタダでもらえるアドバイス」ほど危険なものはありません。
無責任なアドバイスである可能性が極めて高いのです。

あなたの人生における大切なマンション売却について「誰に相談するのか?」
しっかり見極めてくださいね。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]