競売物件の増加が起こす大きな問題 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 競売物件の増加が起こす大きな問題

[an error occurred while processing this directive]

競売物件の増加が起こす大きな問題

競売物件が増加!!


先日のニュースで競売物件が増えているとのニュースがありました。
これはマンションを売る方にとって「脅威」と考えてください。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/139130

「競売と私が売る中古マンションでは違うでしょ」と思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

昔競売といえば「怪しい」「法的に問題がある」「怖い人が出て行かない」
こうしたイメージが強かった。
しかし今の競売は違います。

法的な問題もクリアしやすくなった。
不法占拠者を追い出すのも簡単。
さらに、住宅ローンまで使えます。

これまで買い手の選択肢は「新築」か「中古」というものでした。
しかし今後、競売が増加し買うのが容易になったことで

「新築」か「中古」か「競売」か?
という3つの選択肢になります。

ようするに、あなたがマンションを売るときのライバルが増える。
 
そういう状況になりつつあります。
こうなるとますます需要と供給のバランスが崩れ売りにくい時代になります。

新築分譲が値下げする。
安い競売物件が増加。
この狭間で一般的な中古物件は勝負しなければいけなくなります。

では、その対策は・・・・・。
「売ろうかな?と考えているのであれば早く動く」

売りに出すのが遅くなれば遅くなるほど競合が多くなります。
よって今はいち早く売りに動くことが優先されます。

1月から電話相談も再開します。
基礎講座も行いますので、ぜひ早め早めに情報を収集して動いていきましょう。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]