改修工事をする前に売る?したあとに売る? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 改修工事をする前に売る?したあとに売る?

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

改修工事をする前に売る?したあとに売る?

マンションの改修前に売るか?改修後に売るか?


マンションを売りたいという相談を受ける中で
「管理組合による修繕・改修工事がありますが、それまでに売るほうがいいですか?工事が終わった後のほうがいいですか?」というご相談がよくあります。

私の意見としては「どちらでもそう変わりません」です。

ただし、これには条件があります。
管理組合で決定している事項であるかどうか?

例えばもう管理組合の総会で決議が取れている「全面的な塗装や補修」
確定している事項であれば、売りに出したときに

「○年○月より●年●月まで全面的な塗装や補修を行い、マンションがきれいになります」これは堂々ということができます。

よって、きれいなマンションになるといメリットを買主さんに伝えることができる。
工事終了後でなくても言うことができます。
こうなると改修前でも価値は変わらないといえるでしょう。

しかし、あくまでも「案」である場合は「そういう案が出ています」
程度の情報となり、弱いアピールにしかなりません。
決定事項ではありませんので。

またこのように改修であればいいですが、ペット不可のマンションがペット可にしようじゃないか、と声が上がってきた。

この場合、犬アレルギーでペット不可のところしか住めないという方が買主で来て「いやーこのマンションはペット不可なんですね」と質問があったとき。

「ただし、現在ペット可にしようという話が出ているのです。」
 
これは知っていれば言う必要が出てきます。
あくまで案であり、確定事項ではありませんが
「買う人にとって【何がメリットとなり何がデメリットになるのか】」は価値観が違うので100%理解することはできないのです。

ですので、売主としては「知っていることは伝えておく」これが自分の身を守ることにもつながります。

「何が買主にとって価値の上がることなのか?」を理解しようとするまえにまず知っていることは伝える。これを意識して頂きたいと思います。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。