査定が先か?事例が先か? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 査定が先か?事例が先か?

[an error occurred while processing this directive]

査定が先か?事例が先か?

査定って正しいの


電話相談を受ける中で、よく聞かれるのが「不動産屋さんの査定って正しいの?」という話です。

これついては「正しくもあり、間違いもある」という中途半端な答えをしています。

なぜか?

査定の依頼を受けるのは、「これから未来に向かって売っていく不動産」
そして、査定の参考にする情報は「過去に売れたデータ」です。

「同じマンションの階数違いの部屋が売れてますね。2000万円です」となった場合、それよりも階数が高ければ2100万円からスタートしましょう
階数が低ければ1980万円からいきましょうか?
という査定になります。

これも正しいと言えば正しい。
しかし、いまから売りに出すマンションが2100万円が正しいのか?
1980万円が正しいのかは正直な話「売りに出すまで分からない」のです。

なぜなら「売れる」のは未来の話だからです。
また過去の事例が無い場合もあるのです。

あとそもそも事例というのは「結果」です。
過去の事例が売れたときは不景気で、今好景気。
そうなればもちろん値段も変わります。

また、事例には「売主の状況」は書かれていません。
「もうどうしようもないので、安く投げ売った」のか?
「余裕があるので、高めに出して売った」のか?
分からないのです。

そういう意味では過去の事例を参考にする場合「あくまで参考」としあとは売主さんと不動産屋さんでよく相談の上売り出し価格を決めていくのがいいのです。

そして、もしあなたマンションが過去の事例より高く売れた!
となれば、今度はその結果が事例となっていくのです。

ニワトリが先かタマゴが先か?
事例が先か?売った結果が先か?

むむむ。。。。。

不動産屋さんの査定を受けるときには、査定の根拠をしっかり教えてもらい売り出し価格を決めていきましょう!!


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]