受け取るお金にも準備が必要です。 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 受け取るお金にも準備が必要です。

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

受け取るお金にも準備が必要です。

マンション売却のときに受け取るお金


前回に続き、今回は売却時に受け取るお金についてお話しましょう。

受け取るお金として
・売買代金
・固定資産・都市計画税の精算金
・管理費・修繕積立金の精算金
駐車場代や町内会費なども精算する費用があれば行います。

では細かくみていきましょうね。

・売買代金
 契約時に手付金、決済時に残代金という流れが一般的です。
 売買代金に限らず、受け取るお金はしっかりと一旦ひとつの口座に
 まとめて入れましょう。
 そうすると、支出・収入がしっかり後から見ても把握できますよ。

・固定資産・都市計画税の精算金
 1月1日、または4月1日を期算日として固定資産・都市計画税を精算します。
 4月1日を期算日、年間の固定資産・都市計画税が12万円。
 引渡しが10月1日とした場合、4-9月分を売主が負担、10-3月分を買主
 から精算金として受領します。
 ざっくりでいうと、半年分6万円を受け取るという形ですね。

・管理費・修繕積立金の精算金
 上記の固定資産税等と同じように精算します。
 しかし、固定資産税等が「1年」をベースで計算するのとは違い、管理費や
 修繕積立金は「一ヶ月」をベースに日割り計算となります。
 また管理会社からの引き落とし時期もありますので、しっかり確認して精算を
 行いましょう。

受け取るお金については上記ですね。
あと補足しておくと、売買代金。
これをどのように受け取るか?
 
例えば決済のときに残代金として1800万円あったとしましょう。
通常その金額を金融機関のおいて伝票のやりとりで完了します。

しかし、その際残代金を現金で受け取ることも可能です。
ただし、1000万円を超える高額の場合は一応前日までに金融機関に現金の用意をお願いしておきましょう。

当日に言うと「現金をそれだけ用意していない」なんてこともあります。
また受け取りに関しても「1500万は振込みで、300万は現金で」なんてことも可能です。

受け取るお金をどうするのかも、決済の少し前には決めておきましょう。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。