マンション売却をする上での気をつけておきたい一言 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > マンション売却をする上での気をつけておきたい一言

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

マンション売却をする上での気をつけておきたい一言

マンション売却をする上での気をつけておきたい一言


今日はですね「マンション売却をする上での気をつけておきたい一言」についてお話をしていきたいと思います。

これはどういった物かと言うと、例えば皆様が家に住みながらそのマンションを売りに出した。するとですね、内覧にお客さんが来る訳ですけども、その時にお客さんに『良かれと思って言った言葉』がマイナス要因になったという事があるんですね。

例えば、どういう事かと言うと、これちょっと先日あった話なんですけども、あるワンルームのマンションを売りに出しました。
ただ、そのお部屋というのはワンルームとは言っても元々2LDKの部屋だったんですね。この間仕切りを取っ払って売りに出しました。

するとですね、それを見に来たお客さんがいたんですけども、売主さんが住んでまして、その内覧に来た方に対してですね

「いやー、ここはですね元々日当たりがいいんですけども間仕切りがあった為、部屋が暗かったんですよ。ですから、ワンルームに取っ払って明るくして私住んでるんです。」って事を何度かお話したんですね。

で、その中で「間仕切りがあった時に暗かった」という事を何度か何度かお話してたんです。するとですね、その見に来た方からはお断りの電話が入ったんですね。
「見に行ったんですけども残念ながら今回はちょっとお断りしたいと思います」と。
そうなった時に私がですね聞きました。

「何故、このマンションが気に入らなかったのですか?」という事を聞いた時にお客さんは「いやー、凄くいいマンションだと思ったのですけども、私には広いから私は間仕切りをして住もうと思ったと。だけど、売主さんがもう間仕切りがあって暗い、間仕切りがあって暗かったって事を連呼されていたので非常にそこが気になったんですよ。」って事をですね回答として頂きました。

依ってですね、売主さんとすれば良かれと思って言った事が買主さんにとっての判断が非常に悪い物になってしまったという事になった訳ですね。
この事からですね、皆様も知っといて頂きたいのは自分にとって良かれと思って買主さんに対して伝えた事が買主さんに対してはそのマンションを選ばない原因になってしまうって事もあるんです。

ですから、大事な事は伝えておかなきゃいけない事は買主さんに内覧の時にお話すればいいです。但し、その物件に対してデメリットになる可能性のある事は言わないこと。これ絶対条件です。

お店でも例えば商品があった時に「いやー、この商品ですね、例えば飲むと凄く元気になります。ただね、味がねえー。」なんて事やっぱり言わない訳じゃないですか。
「飲むと健康になります」これだけでいい訳ですよ。

ですから、皆様のマンションを売りに出した時に買主さんが見に来た時はですねメリットを話す。デメリットの部分に関しては、伝えなくちゃいけないポイントだけは伝えてあとは伝えなくていい。これをですね、しっかりと心がけて気をつけて頂きたいと思います。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。