売主として「こんなお金」を出してみませんか? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 売主として「こんなお金」を出してみませんか?

[an error occurred while processing this directive]

売主として「こんなお金」を出してみませんか?

売主さんとして広告費を出すという話


皆様がマンションを売ろうと思って不動産屋さんに売却を依頼します。
そしたら不動産屋さんは広告活動をします。
この広告活動にかかるお金というのは原則、不動産屋さんが負担します。
依って、皆様がお金を払って広告をうつ訳じゃない訳ですね。

ですから、ほんとであれば皆様がお金を払う必要のない物なんですけども、これについてお金を出してみませんか?という話です。

何故かと言うと、例えば皆様が売却に出している3000万円のマンション。
なかなか売れないからという事で2800万円に下げる。
これはですね、言葉の中で「200万円下げましょう」と簡単にできることです。

しかし、1つのチャレンジとして
「やっぱり200万円急に下げんのは心許ない」
「だったら、2900万円だったらもう1回頑張ってみましょう」
「ただし、2900万で売れるように売主として私も広告費少しはお手伝いしますよ」
ということを不動産屋さんにお伝えする訳ですね。

そして、不動産屋さんと広告費を協力して一緒に2900万円になったという事で広告をうつという方法があります。

何故かと言うと、不動産屋さんというのは売却の依頼を受けた物件をどんどん広告うちたいのは本音なんですよ。
だけど、本音とはいえ皆様の売却から依頼を受けて使えるお金というのは基本的には手数料だけです。手数料の中から費用を捻出していきます。

勿論、チラシをまいてそれで買主さんが直接見つかれば両方の手数料もらえますから不動産屋さんとしては潤う訳ですけども、なかなか最近こう売れない。
だから不動産屋さんも広告をバンバンバンバンうちにくい訳ですね。

じゃあ、どうするかと言うと
「売主として広告費用を少し手伝うのでもっと広告頑張ってまいて下さい」という事をお願いする訳です。

これにかかる費用というのは決して高くになりません。
不動産のマンションの売却の物件価格を下げる時というのは、何十万、何百万すぐ下げますよね。
それと比べたら数十万円とか、それこそ十数万円で広告うてますので、値段を下げるのであれば広告をするのも手なのです。

売り出し価格をごっそり下げるのではなく、もうちょっと頑張った値段で、但し広告は手伝うよというような形でたくさんの方々に皆様のマンションを認知してもらう方法、これを考える事はできると思います。

広告の費用というのはいろいろあるんですけども、ポスティングの場合はですね大体2円~3円ぐらいの間ですね。そしてですね、新聞折り込みであれば2.8円です。
あとは印刷費もかかりますけども、仮にですね1枚チラシ作るのに5円かかったとしても1000件まいても5000円ですよね。

そう思えば決して高いお金じゃないので、ご近所だけでもいいのでまいて欲しいという事を不動産屋さんにお願いして、その広告費はですね売主として負担しますよという事で少しでもたくさんの方に物件を目にしてもらう。
そういう機会を作ってもらうのも良い事だと思いますので是非考えて頂きたいと思います。

今日はですね「売主として広告活動を行う」これについてお話をさせて頂きました。

次回は「冷静に判断する」 
についてお話させていただきます。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]