買主の心理を知りたいですか? - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 買主の心理を知りたいですか?

[an error occurred while processing this directive]

買主の心理を知りたいですか?

買主さんの心理


今日はですね「買主さんが価格交渉してくる理由」「買主さんの心理」
これについてお話をしていきたいと思います。

前回「売りに出した時、価格交渉がきた時のその交渉方法」について話をしました。その中で
「何故、この買主さんというのは売主さんに対して値段の交渉をしてくるのか」
この心理をですね是非、知っといて頂きたいと思います。
これはですね、実は単純な所がありまして、前回話しましたが、「売りたい値段」というので売主さんが価格を決めて売りに出しますよね。
で、これに対して買主さんが買いたい値段で交渉に入ってくると。
ただこの買いたい値段というのは、日本の場合はあくまでも売主さんが出してる価格に対しての交渉なんですよ。
これがですね海外の場合であれば、買主さんとして考える価格で出してきますので大きくこの価格交渉の金額のかえりがある事が大きい訳ですね。

じゃあ、何故この交渉をしてくるのかと言うと、買主さんというのは自分がやっと見つけた気に入ったマンション、若しくは不動産を今買おうとしてる訳ですね。
ただ、この買い物というのはスーパーで野菜1つ買うわけとは違う訳です。
何千万円もする物を買って、住宅ローンで何年ものローンを払い続けていくと。
そういう商品を今買おうとしてる訳ですね。

その場合に、これを買おうという時に自分を納得させないと買えないんですよ。
何故なら先程言った通り大きな金額ですから、これが納得出来ない訳ですね。
じゃあ、どのようにして自分がこの物件を買うんだという気持ちを
「正当化」させるのかという事、それが値下げなんですよ。
価格交渉って事なんですよ。
この物件が欲しい。
でも、あと今この値段で定価で買うと損するかもしれない。
だから、少しでも値段が下げれたら自分は納得して買えるんだろうなあって事で価格交渉してくるんですね。
ですから、売主さんとして知っといて頂きたいのは、買主さんは価格交渉してきた時に「その値段まで下がらないと買わない」って事は住宅の場合はまずほとんどないです。
だって、その家が欲しいんですよ。

だけど、自分を正当化する為に価格交渉してくる訳です。
ですから、どこまで買主さんに歩み寄るかという時に、その買主さんの心理を知っといて欲しいんです。
すると、それは10万円、20万円、売主さんとして高く売れるポイントになってくる訳ですね。

価格交渉してくる買主さんはもう既にその家が欲しい。
だけど、欲しいけど自分の判断を正当化する為に価格交渉してきているという事をよく知っといて頂いた上で売主さんとして価格交渉に臨んで頂きたい。

これを知っといて頂きたいと思います。
次回は「価格交渉時に同時に話をつけておくこと」 
についてお話させていただきます。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]