買主から価格交渉があった場合の交渉術をこっそり教えます。 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > 買主から価格交渉があった場合の交渉術をこっそり教えます。

[an error occurred while processing this directive]

買主から価格交渉があった場合の交渉術をこっそり教えます。

価格交渉のポイント


今日はですね「価格交渉のポイント」について話をしていきたいと思います。
あなたがマンションを売りに出しまして、いよいよ長い時間かかった上で買主さんが現れた。
その場合に、例えば皆様が2800万円でマンションを売りに出していて、買主さんが「じゃあ2800万円で買いますよ」という事になれば、これはバンザイという事で交渉なしに
「じゃあ宜しくお願いします」
という事で契約に進んでいく訳ですね。

しかし、ほとんどの場合は2800万で売りに出していたらですね
「2700万円になりませんか?」とかですね、そういう数字が出てくる訳ですよ。

何故ですね、まずこういった交渉が行われるかという事なんですけども、当然売主さんが出してる値段というのは『売りたい値段』です。
そこに買主さんとすれば買いたい値段を当ててくると。

ただこれがですね、日本が世界と違う所は、あくまでも日本人の買主さんというのは
『売ってる値段を参考にして買いたい値段を出して』きます。

これが逆に海外ですと、2800万で売りに出していても
「ヘイベイビー!寝言はスリープして言いな」
「youこのマンションを2000万円だぜ」
という事で2000万円の購入申込書を出してくるなんて事はざらにあります。
買主として価値を見定めているのです。

ちょっと脱線しましたが、じゃあどこでこの価格の交渉の着地点を見つけるかと
いう事で交渉になってくる訳です。
この時にですね売主さんから

「じゃあ、2700万円で欲しいのであれば間をとって2750万円になりませんか?」
という回答を出してもいいです。
ただ、この場合は売主さんが出した回答というのが、もう決定価格になっていきますので買主さんとすればですね

「ああ、じゃあそこまでは値段が下げれるんだな」
って事やっぱり思っちゃう訳ですね。
じゃあどういった風に交渉していくかというとですね、一番良いのは

「買主さん、もうちょっと高く買ってくれませんか?」
という事を素直に伝える事です。

これを伝える事によって買主さんは
「自分が2700万円出してるけども、もうちょっと出せるかなあ」
っていう部分を計算して出してきます。 

それに対してですね、いい条件が出てくればYESと言えばいいし、あまり上がらなかったって事になれば、その価格を参考にこちらの値段を言う。
どういう事かと言うと、最初に2800万で売りに出していた。
2700万円で欲しいという条件が出てきた。
それに対して、売主さんとして「いやー、もうちょっと頑張ってくれませんか?」と言った所、買主さんから2730万円という数字が出てきた。

そして、最後はそれに対して「分かりました。じゃあ、私も2730万正直厳しいんですよ。
最後に2760万円になりませんか?」と「ここまできてくれたら、もう売りますので」という風に最後の最後で1つ数字を売主さんから投げるという方法ですね。

これが非常にスムーズに売買の交渉を有利に進める方法ですので、覚えておいてください。
今日はですね「価格交渉のポイント」これについてお話をさせて頂きました。
次回は「買主の心理状態を知る」
についてお話させていただきます。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]