あなたが不動産屋さん選びに困った時の解決方法です。 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > あなたが不動産屋さん選びに困った時の解決方法です。

[an error occurred while processing this directive]

あなたが不動産屋さん選びに困った時の解決方法です。

不動産屋さん選びで迷った時の解決方法

マンションを売るために不動産屋さんを選ぶ訳ですけども、いろんな不動産屋さんに声をかけて探しますよね。
そして、どの不動産屋さんに依頼しようかなと考える訳ですね。
当然ですね、一般媒介という形で数社にお願いする事も出来ますけども、まずは最初は私は専任媒介でお願いする方がいいと思います。

じゃあ専任で媒介契約をするのであれば、最終的にどうやって不動産屋さん1人を絞ればいいのかって事に悩まれる訳です。

中にはですね担当者の方はこの人がいい。
だけど、会社の規模とか広告の力とかでこちらのBという不動産屋さんがいい。
でも、Aという不動産屋さんもまじめにやってくれてるからなあって事で悩む訳ですね。

最終的にはどのようにすればいいのか。
例えばAという人格的に優れている不動産屋さんにお願いをして、でもBという不動産屋さんは会社の規模が大きい。

A不動産屋さんだけに頼むのはちょっと不安だと思うかもしれませんが、それは別に将来Bという不動産屋さんにまたお願いしてもいい訳ですよ。
例えばこういう事ですね。
 
A不動産屋さんに3か月お願いする。
売れなかったら、次B不動産屋さんにお願いするっていう形です。

若しくは、A不動産屋さんにお願いしといて3か月売れなかったらB不動産屋さんにもお願いして一般媒介に切り替える。
これは出来る事なんですね。

ですから、あなたは一人を選ばなくちゃいけないっていう風に思ってしまうかもしれませんが、将来的にはその候補から外れた不動産屋さんにまたお願いするかもしれない訳ですよ。
そういった事も考えて断る場合でも「今回はちょっと別の不動産屋さんにお願いしますけども3カ月経って結果が出なかったらお宅にお願いしますので宜しくお願いしますね」って事で断ればいい訳ですね。

じゃあその2つに1つどちらを選ぶかって事なんですけどもポイントが1つあります。

それは、『話がしやすい不動産屋さん、何でも言える不動産屋さん』にお願いする事です。

マンションを売却するという事はいろんな問題が出てきます。
その度に不動産屋さんにいろんな相談をしていきます。

だけど、その相談をする不動産屋さんが話がしにくい不動産屋さんだと自分の本音で喋れない。
依って、結局売れた時も「ああ言いたかったのに、こういう風にしたかったのに」って事が胸に残る訳ですね。
 
そうならない為にも、どの不動産屋さんにお願いしようか迷ったら最後は『話がしやすい担当者を選ぶ事』です。
ぜひ参考にしてくださいね。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]