マンションを売るときには、スケジュールが重要です。 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > マンションを売るときには、スケジュールが重要です。

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

マンションを売るときには、スケジュールが重要です。

マンション売却のスケジュールの決め方

今日はですね「マンションを売る時のスケジュールの決め方」これについてお話をしていきたいと思います。

マンションを売る場合のスケジュールというのは、例えば何月までにこのマンションを売りたいっていう事を決める訳ですね。
そして、そこから今の時間まで逆算してどのように売っていくかを考える事です。

例えばですね、1500万円までで売りたい。
期限は6カ月あるという場合であれば、例えば最初の2カ月は少し高めに出してみる。

次の1カ月は少し値段を下げて出してみる。
この3ヶ月間で売らなければ次の時には不動産屋さんを増やしてみる。
そして、最後にもう1回値段を下げてみる。

このようにですね、段階的に市場の状況を見ながら値段を下げていく事や不動産屋さんを例えば増やしていく。

こういった事を最初に決めておく事は極めて大事です。
と言うのはですね、大抵の方がこういったスケジュールを考えずにマンションの売却のスタートを始めます。

するとどうなるかと言うと「えっ、もう値段を下げるの?」「もう2カ月経ってるけど売れないけどどうしたらいいだろうか」「不動産屋さんをいつ増やせばいんだろうか」「今の不動産屋さん断ってもいいのかなあ」こういった事に頭を悩ませる訳ですね。

こうやって頭を悩ませまして売却をしていくというのは非常に不幸な話です。
そうではなくて、もう最初から売る為にどういったスケジュールで動いていくのか。

自分はどういった時間軸で動いていくのかをある程度、決めておく必要があります。
ただですね、売却をするっていう事は当然そこに買い手さん達がいる市場があっての話になります。
ですから、1回スケジュールを決めて売りに出して市場の様子を見ながら、あとは調整をしていく作業は当然必要となります。

例えば、売りに出したけども全然反応がない。
全くもって反応がないって事であればですね、早めに値段の調整をしたりですね、売り方の調整をしていく必要があります。

ただですね、自分では高いかなと思ったけども非常に反応が高い。
買ってくれる人はまだいないけども沢山の方が見に来てくれているという事であれば、その価格帯にもうちょっと自信を持ってこの値段で売っていくスケジュールを少し延ばしてみよう。

そして、値段を下げる前に不動産屋さんを増やしてみるという検討もしてみようって事でスケジューリングを変えていく事になります。

ですから、そういった意味ではまずザックリとしたスケジューリングを決めて実際に不動産屋さんに売却を依頼した後はですね、例えば2週間おき毎ぐらいにその売却のスケジュールを不動産屋さんと相談しながら見直していく。
こういった作業が必要となります。

そういった意味でも、まずはマンションを売る時はスケジュールを決めてから売る。
これが大切という事を是非知って頂きたいと思います。

次回は「売却を依頼する不動産屋さんの増やし方」についてお話させていただきます。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。