契約日の前までに「これ」をしてください。 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 契約日の前までに「これ」をしてください。

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

契約日の前までに「これ」をしてください。

【契約書を確認する】
今日はですね「契約書を確認しておく」これについて話をします。
「契約書を確認しておく」という作業なんですけども、不動産売買を行う時には当然契約というのが行われます。
これはですね、売主さん・買主さん、どの不動産をいくらで、どのような形で売買するのか。
これについて事細かく紙に記しまして、それを契約書という形に落とし込む訳ですね。

それにお互いに売主・買主に記名をして押印をするというような形なんですね。
ですから、この不動産売買の契約書というのは極めて重要な書類となります。
不動産の場合は、買ってきた大根が傷んでいたから取り替えて下さい。
なんて簡単な事はできないんですよね。
ですから、トラブルがあった時にどのような風にするかですね。
また、細かい規程をちゃんとチェックして、どういった形で売主が買主に引き渡すのかを含め、いろいろ細かい事をちゃんと記録に残しておかなくちゃトラブルになる。
だから、不動産の売買にはたまたま契約書があるという形なんです。
契約書というのは売主・買主のお互いの今回の売買の証拠になる訳ですね。
ですから、しっかりと内容を把握した上で記名・押印をする必要があります。

よくあるのは契約の時に不動産屋さんがもう契約書を作ってくれている。
売買契約当日、その場に行くとですね不動産屋さんがその契約書を出してくれて、
お互いに読み合わせをしてOKであればハンコをつく。
勿論、これでもいいんです。

ただし、皆様は賢く売る、成功する売却をする為にも契約の前の日までには必ず一度売買契約書には目を通しておいて下さい。
売買契約書にしっかり目を通す事で当然、一生に何度とない不動産売買ですから分かりにくい言い回しや分かりづらい所あると思います。
こういった所は確実に不動産屋さんに聞いて中身を確認しておく。

そして、売買の時には改めて契約書を見直して、そして気持ち良くハンコをつくという形じゃないと、後になってハンコをついた後で「あっ、あれ何だったっけ?」って事にはいかない訳です。

そうならない為にもちゃんと事前に契約書の中身はチェックしておいて売買契約の時には内容を把握した上で契約に臨む。
こういうスタイルをとってほしい訳ですね。

その為にも不動産屋さんには一番いいのは契約の前々日までに契約書をもらっておく。 
前日には再度、不動産屋さんに内容の説明をしてもらう。
そして、契約に臨む。
こういう形をとって頂きたいと思います。

これについてはですね、不動産屋さんに「契約書をFAXかメールで送って下さい」って事を言えば送ってくれますし、「説明に一回来て頂けますか?」という事を言えばしてくれます。
この部分は遠慮せずに聞いて頂いて自分が大切なマンションを売る為の契約なので、しっかり中身を何度も確認して納得した上で売買をする。
これを心がけて頂きたいと思います。

次回は「合意条件と売買価格」についてお話します。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。