値段を下げるか?リフォームすべきか?さあどっち! - マンション売却アドバイザー 田中徹也

HOME > メルマガバックナンバー > 値段を下げるか?リフォームすべきか?さあどっち!

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

値段を下げるか?リフォームすべきか?さあどっち!

今日は値下するのか?リフォームするのか?についてお話をします。 

売りに出しているマンションが売れない。
この場合単純に「売り出し値段を下げる」ということが対策として考えられます。

しかし売りに出している金額が1000万円を越えてくると、値段を下げると言っても「80万円」「90万円」時には100万円を越える値下をすることもあります。
その場合、どうせ値段を下げるのであれば

「その値下げ幅を考えてリフォームをする」というのも一つの手です。

例えば「100万円値下する」という場合であれば、3LDK70平方メートルくらいのマンションであれば

「全部屋のクロスとカーペットを張り替えてハウスクリーニング」をしても100万円までは掛りません。

100万円値段を下げるのであれば、
「100万円値段を下げる前に、売り出し価格を下げずにリフォームをする」
これと同じお金の計算になるのです。

ですから、まず値下をする前に「リフォームをしてみる」とう選択肢も考えていただきたいのです。

但し、どんな部屋でもリフォームすればいいという訳ではありません。
リフォームをすると裏目になるマンションもあるのです。
では値段を下げる前にリフォームしてはダメな部屋とは・・・

1、内覧に来ない。
内覧にぜんぜん来ない部屋であれば「内装」の問題よりも「価格」の部分で買主希望者が見に来ていない可能性があります。
よって「お金を掛けてリフォームしたのにぜんぜん内覧に来ない・・・・」なんてことになりかねません。

2、築浅、またはあまり汚れが目立たない部屋
リフォームをしても「変わり映え」がしません。
よって原状のままで価格を下げたほうが反応がいいでしょう。

このような部屋はリフォームするより値段を下げたほうが決着が早いでしょう。
また、リフォームするときにポイントとしましては「最低限」にするということ。
決してハイグレードなリフォームをする必要はありません。
もちろん地域性があるとは思いますが、売主としては高額高級なリフォームをして売る必要はありません。

ぜひ、ここは気をつけてくださいね。
売りに出しているマンションが中々売れずに値下をする。
そんなときは、「値下するならリフォームを考える」という考えを一つ知恵として知っておいてください。 

次回は「契約書の売主としての注意点」についてお話をさせていただきます。


マンション売却を成功させたいあなたへ!

プロのアドバイスで早く!高く!かしこくマンションを売りませんか?
まずは無料で出来るメール相談、またはマンション売却アドバイザーと直接相談できる電話相談をご利用ください。

田中と電話で直接相談する  まずはメールで相談

PageTop

名前

新着記事

【取材掲載雑誌】
週刊ダイヤモンド
2014年3月7日号

週刊ダイヤモンド
本書のご購入はコチラ

【著 書】
Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!
成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

Amazon.com
不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術
本書のご購入はコチラ

マンション売却コラム

人気コラム記事

取材・執筆・講演依頼はこちら

分譲マンションの売却・買取査定見積もりならマンションナビ

会社概要

株式会社ユービーエル

住所:〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4-1-23
三宮ベンチャービル101号

電話:078-231-5170



マンション売却HOME - 電話相談 - 売却のコンサルティング - お客様の声 - プロフィール - 著書・教材 -

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。