マンションを「売らない」という決断が正しいことがあるのです。 - マンション売却アドバイザー 田中徹也

[an error occurred while processing this directive]

HOME > メルマガバックナンバー > マンションを「売らない」という決断が正しいことがあるのです。

[an error occurred while processing this directive]

マンションを「売らない」という決断が正しいことがあるのです。

売るか、やめるか

「マンション売却アドバイザー」そんな肩書きで活動している私ですが相談をされてきた方に、こうお話しすることがあります。

「売るのをやめませんか」

『マンションを売る』
このひとつの経済活動ですが、マンションを所有している方なら誰もがすることができる経済活動です。

しかし、「売る」という話の前に、ひとつの「ポイント」があります。
それは「売れるのか」という問題です。

例えば1000万円の市場価格のマンション。
ローンが1500万円残っている。

このマンションを売却するには、ローンの残債をちゃんと返す為にマンションを売却して、なおかつ自己資金500万円を用意して銀行に返す必要があります。

その500万円のお金が用意できなければ売れないのです。
また、「売った後どうするのか?」という問題もあります。
 
「来年以降の住宅ローンの支払いが不安でマンションを売りたい」
以前そんな相談をお受けしたことがあります。
相談されてきた方は、「売って賃貸に代わりたい」と言われました。
しかし私が厳密に「お金」の部分を計算して、キャッシュフローを明らかにすると

「売って引っ越したほうが、キャッシュアウト(現金の支出)が大きい」

ということが分かったのです。

『ラクになりたくて、売って賃貸に代わったら余計に大変になった』となるところだったのです。
(ちなみに、このとき私以外の不動産屋さんには『売れ売れ』と言われたそうです・・・・・)

もしこの方は売ってしまってたら・・・・あとが大変でしたね。
また「買い替えたい」という方でも、その方の年齢や収入。自己資金の有無。
そして『将来のライフプラン』をよく考えたうえで売ることを考えないと「売らなきゃよかった」ということになるのです。

そういう意味でも、売る前には「お金の問題」をはじめ、多角的に見て
「売るべきか?」
「売れるのか?」
ということは厳しい目でチェックしたうえで動かないとトラブルになります。

『よくよく考えたら売らないほうがよかった・・・・』
という状態であってもそれが契約後であれば、

最低でも「受領した手付金の倍返し」または「損害賠償」の可能性が十分にあります。
契約してから「やっぱ売りませんわ~」というのは完全に売主の勝手ですからね。

「不動産屋さんが売れって言ったから・・・・」は買主さんには通用しません。
買主さんに損害賠償または手付金を倍返しした後、不動産屋さんと「争う」ことになりますね。

でも、いくら不動産屋さんのアドバイスがあっても「売主が決断したこと」です。
不動産屋さんと争っても厳しい結果がまっていることでしょう。

そうならない為にも、まず大切なことは
「売るべきか?」
「売れるのか?」
をしっかりチェックしたうえで売却をスタートさせることなのです。

そういうときの正しいアドバイスとして私の無料相談等を利用してくださいね。
次回は「不動産屋さんに売却を依頼するポイント」についてお話します。


[an error occurred while processing this directive]

PageTop

[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]